トップ 中華料理店ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

中華料理店ナビ/中国料理店の口コミ・評判奈良県 > 豚珍館/大宮本店

豚珍館/大宮本店

豚珍館/大宮本店

忘年会、新年会、歓送迎会、各種パーティーに。

★ふるさと奈良コンテスト
 中華料理の部第1位!!★
 昭和61年2月(奈良新聞社)
●100名様収容の大宴会場からファミリー向けまで、各種お部屋がございます。
□自家製ラーメン・ギョーザ
□フルコース □鍋物コース
□海鮮コース 他

豚珍館/大宮本店:DATA
所在地〒630-8014
奈良県奈良市四条大路1丁目2-22
TEL0742-33-5291
FAX0742-33-5219
URL
お取り扱い業種中華料理店、ラーメン店
営業時間など
駐車場有 
大型駐車場有
アクセス(最寄駅)
○近鉄奈良線・新大宮駅約700m
(車)
○市役所前交差点から南へ約200m
お役立ち情報自家特製のラーメン、ギョーザから中華百般を大和名物30選上位入賞の腕によりをかけ手頃な価格とボリューム満点のメニューで味わえます。100名様収容の大宴会場からファミリー向けまで各種のお部屋がございます。ふるさと奈良コンテスト中華料理の部第1位にかがやきました。

豚珍館/大宮本店の地図

奈良県奈良市四条大路1丁目2-22

中華料理店/豚珍館/大宮本店の詳しい情報です!

★医食同源 『元気の素』あります!!

◆◆◆ メニュー ◆◆◆
■麺類
○ラーメン ¥480
○チャーシュー麺 ¥650
○焼きそば ¥600
チャンポン麺 ¥650
五目ラーメン ¥650
天津麺 ¥680
餃子入ラーメン ¥680
カレーラーメン ¥680
スタミナラーメン ¥750
和風ラーメン ¥750
フライメン ¥650
冷めん(夏期のみ) ¥680

■飯類
○焼めし ¥550
○中華丼 ¥550
○天津はん ¥600
○白飯 ¥200
おむすび(2個) ¥380

■一品料理
○鶏の唐揚 ¥750
○にらレバー炒め ¥700
○酢豚 ¥750
○マーボー豆腐 ¥800
○餃子 ¥300
小えび天ぷら ¥750
豚肉天ぷら ¥750
肉団子天ぷら ¥750
イカの天ぷら ¥750
貝柱天ぷら ¥1000
大えび天ぷら ¥1000
春巻 ¥750
牛肉スタミナ焼 ¥1200
にら肉炒め ¥1200
牛肉ピーマン炒め ¥1200
豚肉ピーマン炒め ¥1000
鶏肉ピーマン炒め ¥1000
レバー炒め ¥800
野菜炒め ¥500
もやし炒め ¥500
にら炒め ¥500
肉団子甘酢 ¥750
小えび甘酢 ¥750
鶏肉甘酢 ¥750
えび卵焼 ¥750
大えびチリソース煮 ¥1200
小えびチリソース煮 ¥1000
八宝菜 ¥750
貝柱うま煮 ¥1000
豚肉うま煮 ¥1000
とり肉うま煮 ¥1000
豚肉煮 ¥1200
焼豚 ¥700
むしどり ¥700
漬け物盛合せ ¥500
あおによし餃子 ¥400
ポテト ¥650

■フルコース
○松 ¥3000
○竹 ¥3800
○梅 ¥4800

■鍋物コース
○寄せ鍋 ¥3800
○牛しゃぶ ¥4800

■海鮮コース
○¥5800より各種

■自家製特製ラーメン・ギョーザ
●緑の麺 お茶、ほうれん草(カテキン、ビタミン)
●赤の麺 とうがらし(カプサイシン)
●黄の麺 ノーマル

※価格はいずれもお一人様料金です。
 鍋物コースには突出し、ギョーザ、フルーツが付きます。

※メニューはほんの一例です。他多数ご用意してお待ちしております。

★テレフォンオーダー★
ご予約はお電話一本でOK!
○ご注文の品、ご来店のお時間、お電話番号、お名前をお知らせ下さい。
○ご予約のお時間に出来たての品物をお召し上がりいただけます。

◎お気軽にお問合せ下さい。
■大宮本店■
TEL:0742-33-5291

 

口コミ情報

   
    

口コミがまだ書かれていません。
ぜひ、口コミを投稿して下さい。

   
  

この中華料理・中国料理店に口コミする







画像の中に見える文字を入力してください。

中華料理店ナビ/中国料理店の口コミ・評判のおすすめ業者一覧はこちら。

    • 門司倶楽部 福岡県北九州市門司区清滝3丁目1−8 電話093-331-2331
    • 北京飯店 神奈川県大和市中央2丁目4−18 電話046-261-7160
    • 味雅 千葉県市川市八幡3丁目19−3 電話047-322-3741

今日のお勧め記事 ⇒ 点心と飲茶

“点心”を知らない日本人は居ないのではないでしょうか。日本でも、中華レストランで“点心”を楽しむ人々が沢山いらっしゃいます。〇〇飯店の点心を求めて大行列なんてフレーズもよく耳にします。 中国では唐の時代から元まで1日に2食の食習慣が行われていました。1日2食、それでは1日もちませんよね。そこで、食事の合間に軽い軽食を取る習慣、まさしくそれが点心の始まりでした。食事の間に少量の食物をいただく、お菓子や間食・軽食の類いを全て(炒飯や麺類、木の実や果物)を点心と呼んでいます。 点

中華料理店ナビ/中国料理店の口コミ・評判について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。