トップ 中華料理店ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

中華料理店ナビ/中国料理店の口コミ・評判中華料理の豆知識 > 中国茶と中国酒

中国茶と中国酒

中国茶と中国酒の画像

中国では、『中国4千年の味』を代名詞に、その食文化と共にさまざまなお茶文化も育まれて来ました。お茶の発祥地とも言われる中国。地域や季節によってさまざまなお茶が生まれ、そのお茶の種類は数百にも上ると言われています。
お茶の分類も、多種多様で、茶葉の色や形、またはその香りなどで分類されます。そして、同じ茶葉でも発酵度によってさらに分類され、一般的にはこの発酵度で大きく分類されています。

中国茶は、発酵度によって分類されます。それが「中国茶六大分類」です。中国茶六大分類+花茶が中国の代表的なお茶になります。

【緑茶】
不醗酵茶で、全く醗酵させていないお茶。中国国内で一番飲まれているお茶。
龍井茶(ロンジンチャ)、碧螺春(ピロチュン)、緑牡丹(リョクボタン)、黄山毛峰(コウザンモウホウ)

【白茶】
弱醗酵茶で、酸化醗酵が微弱なお茶。生産量が少なく貴重なお茶で、ソフトでデリケートな味わいと清らかな香りが特徴の珍しいお茶。
銀針白毫(ギンシンハクゴウ)、白牡丹(パイムータン)

【黄茶】
弱後醗酵茶。微生物醗酵茶。生産量の非常に少ない貴重なお茶で、かつては皇帝への献上品とされていたお茶。
君山銀針(クンザンギンシン)、蒙頂黄芽(モウチョウコウガ)

【青茶】
半醗酵茶。日本人にもお馴染みのお茶。 大陸産と台湾産があるお茶。、
凍頂烏龍(トウチョウウーロン)、鉄観音(テツカンノン)、武夷岩茶(ブイガンチャ)

【紅茶】
完全発酵茶。 タンニンが少なく渋みのない紅茶。緑茶に次いで2番目に多く生産されているお茶。
祁門(キーモン)、正山小種(ラプサンスーチョン)

【黒茶】
後醗酵茶。完成した茶葉に微生物を植え付け、発酵させたお茶。長期保存可能。年代物には高い値打ちが付けられる。
プアールチャ、六堡茶(ロッポチャ)

【花茶】
花の香りを付けたお茶と花そのものを飲むお茶。ジャスミン茶が有名。

世界には沢山のお酒があります。中国でも中国特有の美味しいお酒が沢山あります。
①穀物醸造酒である黄酒、紹興酒老酒など。
②穀物蒸留酒である白酒、茅台酒や汾酒など。
③果実醸造酒である果酒、桂花陳酒など。
④果実蒸留酒である白蘭地、ブランデー。
⑤薬用エキスを含む葯味酒、人参酒など。
他に、ビールはもちろん、強精補酒であるイグアナ酒などと言った変わった珍しいお酒が中国国内でも生産され、人々の喉を唸らせています。

中国には、無色透明な蒸留酒が白酒(パイチュウ)、黄褐色の醸造酒が黄酒(ホアンチュウ)、黄酒を長期熟成させたものが老酒(ラオチュウ)があります。
中でも、黄酒である“紹興酒”が中国のお酒として有名です。紹興市(しょうこうし)の鑒湖(かんこ)の名水を使って、3年以上貯蔵熟成させて作ることが紹興酒としての条件。紹興酒の飲み方は、冷やして飲んでも美味しいのですが、35~45℃のお爛にして飲む人の方が多いようです。
お好みで、ざらめ糖を入れて飲んでも美味しくいただけます。紹興酒には、体内で合成できない9種類の必須アミノ酸が含まれていて、黒酢と並び健康に良いお酒として人々に愛飲されてきました。

中華料理店ナビ/中国料理店の口コミ・評判のおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 中国料理の調味料

中国4千年の歴史を支えてきた中華料理。国土の大きな中国では、異なる気候風土の基にそれぞれの地域独自の食材でさまざまな中華料理が作られてきました。 これらの中華料理と共に作られたのが中国調味料です。それぞれの地域の気候風土の違いによるさまざまな食材により、それぞれの地域で特色のある料理があります。 中華料理をさらに美味しくするのに欠かせません。中華料理にちょっぴり加えるだけでもコクや深みが増し、中国調味料の独特の香りがプラスされ、ただの家庭料理が途端に本格中華料理に早変わり。

中華料理店ナビ/中国料理店の口コミ・評判について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。