トップ 中華料理店ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

中華料理店ナビ/中国料理店の口コミ・評判中華料理の定番レシピ > 東坡肉(トンポーロー)のレシピ

東坡肉(トンポーロー)のレシピ

東坡肉(トンポーロー)のレシピの画像

日本では、豚の角煮でお馴染みの“東坡肉(トンポーロー)”。豚バラ肉と香味野菜を一緒に、中国のお酒“紹興酒”と砂糖・醤油で煮込む料理です。時間をかけゆっくり煮込んだ“東坡肉(トンポーロー)”は、箸でボロボロ切れるし、口の中ではとろけてしまうほど、柔らかくとても美味しい豚肉料理です。“東坡肉(トンポーロー)”は、上海料理のルーツと言われている杭州地方を代表する一品です。
“東坡肉(トンポーロー)”は、日本では豚の角煮として紹介されていますが、実は、中国では豚の角煮と言えば、「紅焼肉」のことを指し、“東坡肉(トンポーロー)”とは区別された料理になっています。

東坡肉には、こんなお話しが残されています。昔々、北栄の時代、詩人としても有名な「蘇東坡」という人が、杭州の知事として赴任してきた。当時、荒れ放題だった西湖を整備するなどの善政を施した蘇東坡は、土地の人々に慕われた。
そして土地の人々は、蘇東坡が大の「紅焼肉」だと知ると、日頃の感謝の意味を込めて、豚を丸ごと1匹と甕に入った紹興酒を彼に贈ったそうだ。蘇東坡も一度に大量の豚を気持ちを込めて、正月が来ると大量の豚肉を彼に贈ったという。そこで、彼は家人に「この豚肉を小さな塊に切り分け、水は一切使わず、紹興酒とその他の調味料でじっくり煮込むこと。」と命じ、西湖の工事の寄付台帳を元に、一家に一塊ずつ振舞った。人々は舌鼓を打ち、この豚肉料理を蘇東坡にちなみ、“東坡肉(トンポーロー)”と名付けられたそうです。

東坡肉もそうですが、中国で“肉”と言えば“豚肉”を指すほどで、本場中国の料理店ではメニュー表に“肉”と書いてあれば、それは豚肉であって、中国の人々にとって豚肉は、それほどポピュラーなもので、古くから食用とされてきました。
そして、中国漢方の世界でも豚肉は、疲労回復・滋養強壮の特効薬として扱われています。豚肉は、コレステロールが意外と少なく、適量のコレステロールが人体には味方とされています。また、豚肉は、優れたタンパク質資源であるばかりでなく、ビタミンB類を多く含み、私達の健康には最適な食品なのです。

《東坡肉(トンポーロー)のレシピ》
材料
豚バラ肉 500g
長葱 1本
生姜 半かけ
五香粉 少々
砂糖 大さじ3
醤油 大さじ2
オイスターソース 大さじ1
紹興酒 1/2
水 肉がたっぷりひたるくらい

東坡肉(トンポーロー)の作り方
①豚バラ肉をたっぷりの熱湯の中に入れてひと茹でし、アクを取り除きお湯は全部捨てます。
②厚手の鍋にその豚バラ肉を脂身を下にして入れ、長葱・生姜・調味料・五香粉を入れ、ひたひたの水を加えて火にかけます。
③最初強火で煮て、煮立ってきたら火を弱めて、アクをすくいながら2時間程煮込みます。(1時間経ったら豚バラ肉を裏返します。)
④豚バラ肉を1.5cm程の厚さに切り分け、器に盛って出来上がり。

中華料理店ナビ/中国料理店の口コミ・評判のおすすめ業者一覧はこちら。

    • 萬集楼 大阪府大阪市港区築港1丁目14−26 電話06-6571-3308
    • 揚州飯店/別館 神奈川県横浜市中区山下町154 電話045-651-5108
    • 翠凰楼 東京都昭島市玉川町1丁目2−8 電話0120-013156

今日のお勧め記事 ⇒ 餃子の作り方

中華料理と聞いて、日本人であれば誰もが“餃子”を思い浮かべるほど、中国を代表する一品ではないでしょうか。餃子の日本国内消費量も多く、「〇〇の餃子」という言葉をよく耳にするほどです。 餃子で有名な都市・餃子で有名なお店などなど、餃子ほど日本人に愛され食されている中華料理はありません。日本人にとって餃子は、既に地位を確立した国民食と言っても過言はないでしょう。 日本人も大好きな“餃子”ですが、その食べ方は本場中国と日本では調理法に違いがあります。“餃子”は日本では焼いた餃子が中

中華料理店ナビ/中国料理店の口コミ・評判について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。