三条たたみ口コミ

三条たたみ口コミ

三条たたみ 口コミ

皆さんの家には和室がありますか?現代の日本の住宅には洋間が増えており、それに伴いほとんどフローリングを床材として使っている住宅も増加しています。

 

畳はインテリアの観点からあまり好まないとか、メンテナンスが大変と思っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、畳の部屋が家にあるとやはり落ち着くものです。

 

畳は日本の長い歴史の中で形作られた文化の産物であり、やはりこれからの時代においても多く取り入れていきたいものです。

 

ところで皆さんは、畳は数年経過すると張替える必要が出てくることをご存知ですか?自然の素材を使っている畳ですから、やはり使用年数に応じてメンテナンスする必要があるわけです。

 

中には、一向に張替えをしないまま数年、十数年と畳を使用している家庭もありますが、畳はやはり定期的に張替えるほうが望ましいと言えます。

 

畳を張替えるメリットはいくつもあります。第一に見た目が良くなることです。皆さんもご存じのように、畳表は数年経つと色が褪せてきます。

 

特に日当たりの強い部分や人が頻繁に通る部分などは退色も早く、表面の光沢感もなくなっていきます。

 

見栄えのよくない畳は気品高い和室に似つかわしくありませんから、ここは一つ張替えを検討したいところです。

 

また、畳本来の機能を回復できるというメリットがあります。

 

畳には抗菌効果や防臭効果がありますから、それらの効果もぜひ張替えによって定期的に取り戻したいものです。

 

他にもリラックス効果を高めるというメリットや、引っ掛かりによる転倒を防止するという安全上のメリットもあります。

 

様々なメリットがあることを知ると、皆さんも面倒臭がらずに畳の張替えをしてみようと思われるに違いありません。

 

 

ここで畳の張替えとはそもそも何かを少し掘り下げてご紹介しましょう。

 

畳の張替えと言っても、単純に畳をベラッとはがし取って一式敷き詰めかえるというだけの話ではありません。

 

畳の張替え方にもいくつかの種類がありますので、簡単なものから順に見ていきたいと思います。もっとも簡易的な張替え方法は「裏返し」というものです。

 

これは畳床をそのままにして畳表だけをいったん外し、それをひっくり返して裏面を表面にしてしまうというやり方です。

 

畳の表面は、数年使用していると色合いが変化してきますが、裏面は使用していないうえ日光に照らされているわけでもないためわりとキレイで新品と同様の状態を保っているのです。

 

ですから畳を裏返すだけで新しい畳のような見た目や香りを取り戻すことができます。

 

もちろん長期間使用しすぎた畳であると、裏面も劣化している場合がありますので、この場合は裏返しできない可能性もあります。

 

裏返しの次に取られる方法は「表替え」です。一度裏返しした畳を次にメンテナンスするときは表替えを行います。

 

これは畳床を替えないという点で裏返しと似ていますが、裏返しと違って畳表は丸ごと新しいものに交換してしまいます。

 

もちろん畳縁も取り替えます。十年以上使用していると、畳床も交換する必要がありますが、この場合はもはや表替えでは足りず、「新畳」とする必要があります。

 

この時に畳を丸ごと交換するという大規模な張替えを行うことになります。

 

以上、畳の張替えには「裏返し」、「表替え」、「新畳」という三つの方法があるという畳に関連した基礎知識をご紹介しました。

このページの先頭へ戻る